FC2ブログ

歩くことのメリット

ここでは、「歩くことのメリット」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!田辺ドラッグストアの田辺彰です。

私、飲み歩き食べ歩きが好きなのですが、摂ったカロリーを消費する為に特別スポーツしているわけでもありません。また、終日お店に居ますので慢性的運動不足になりがちです。
せめて「歩く」ことを日課にしようと心掛け毎日30~40分は歩いています。
これからの時期は気温が上がる前の朝のウォ-キングがオススメです。1日の良いスタートが切れ格別の爽快感を得られます。

先日ある雑誌で下記のような記事を目にしました。

『歩くということは脳が「快」の状態になるそうです。
クロマニヨンのほんの一部がホモサピエンスとして残るが、このホモサピエンスは20万~25万年前、野山を駆けめぐっていたら突然気持ちがよくなるホルモンが分泌された。現在でいうβーエンドルフィンであり、ランナーズ・ハイという状態。第四氷河期をホモ・サピエンスだけが生き残ることができ、その後も農業や工業を発展させたり、近代文明を成し遂げたのは、足を動かして脳を活性化していたからに他ならない。

1分間に120歩の一定のリズムで歩いていると、15分あたりから脳内にβーエンドルフィンが分泌され「めんどくさいな、しんどいなあ」と思いながら歩き始めてもだんだん気持ち良くなってくる。

25分~30分頃、ドーパミンが出てきます。ドーパミンは「夢のホルモン」といわれ、これが分泌されるといろいろなアイディアが湧いてきます。

40分経つと、セロトニンが出てきて、これはどんどん湧いてきたアイディアを実現可能な形に整えていく役目がある。』

確かに考え事をしたり、またイライラしたストレスがある場合、ただひたすらに「歩く」ということは良いと実感できます。いつでもどこでも誰でもマイペースで行えるのがウォ-キングです。まずは最初の1歩を踏み出しましょう
コメント
この記事へのコメント
思わず歩きたくなるお話しですね。
どうせ歩くならセロトニン分泌させたいですね。
2009/06/17(水) 16:23 | URL | テツ #T61DVtR6[ 編集]
テツさん。
そうですねー。40分何とか時間作って歩きましょう!
2009/06/17(水) 16:28 | URL | 田辺彰 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanabe1.blog46.fc2.com/tb.php/6-14af29d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。