岡山市北区東島田の田辺ドラッグストアのブログです。お客様からのお悩み相談やオススメ商品などの紹介など薬局業務の日々の日記です。
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代のママさんがお見えになりまして。。。

子供を産んで以来痔でお悩み、もう手術するしかないのか?というお悩みでした。
お聞きするとしばらく座薬や軟膏でしばらくすると治まるけど、またしばらくすると痛みが再発するそうです。

「お尻のしもやけ」と言われる痔。原因は様々ですが便秘、下痢、疲れ、ストレス、アルコールによる肝機能低下、冷え性などが引き金で起こります。生活習慣や生活環境の悪化が要因の1つとして考えられます。

SA3A7197.jpg

上の図のように肛門部分の血管は肝臓につながっていて、肝臓に向かって下から上に昇る血管です。この血管は他の静脈のように血液の逆流を防ぐ弁が無く、お尻の周りには細かい門脈が網の目のように張られています。ですのでうっ血をお越し易くなっています。

このママさんの場合、出産時に息むことがきっかけでうっ血が起こりイボ痔ができ、無理をしたり疲れたりした時に再発するというパターンでした。
痔の軟膏や座薬は一時抑えのお薬ですので、根本治療には体を温めて肝臓~心臓の血流を良くすることが大切とお話し、肝臓保護作用や体を温める作用のあるキヨーレオピン(1本)をお買上げいただきました。また、「2日に1回のシャワーだけ」という入浴法も「毎日浴槽に浸かる」に改めていただくようにオススメしました。
キヨーレオピンは滋養強壮剤ですが、痔でお悩みのお客様には特に喜ばれていますので自信を持ってオススメしました。
このお客様が快方に向かうことを願っております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。