岡山市北区東島田の田辺ドラッグストアのブログです。お客様からのお悩み相談やオススメ商品などの紹介など薬局業務の日々の日記です。
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!田辺ドラッグストアの田辺彰です。

今日は、とある雑誌を読んでその中の記事をご紹介します。
昭和7年生まれ、脳の発達の見地から創意工夫した幼児教育を実践されている久保田カヨ子さん。テレビにもよく出られている方ですね。
人間の脳が一番大きくなるのは生まれてから歩き出すまで
の間、この時期に前頭連合野を刺激するのが効果的だそうです!


「久保田カヨ子式 いい子を育てる法則」

◎オムツを替える時は視線を合わせ声を掛ける
 ---話すことはできないが親の表情を見て、声を聴いている

◎「いないいないばぁ」は1日に5回以上する
----視線を集中させる

◎カラフルな子供服を着せる---色彩感覚を身に付ける

◎できるだけおんぶする---親と同じ目線(世界)を体験させる

◎幼児語を使わない---幼児語から正しい言葉を。覚え直すのは二度手間。

◎箸や鉛筆などはいきなり持たせず、正しく使っている姿を何度も見せる
 ---親の真似をさせることが脳を刺激する。見せる時は子供の背後から。
向き合うと左右逆になる。

◎どっちが好き?と質問する---脳を使って決断させる訓練をする。

◎お風呂の時など、10から数を減らしゼロまでカウントする。
 ---ゼロという数学的な観念を知る

◎親が「ストップ」と言ったら行動を止める訓練をする
 ---「NO GO行動」という。これを覚えることで危険回避行動を養う。

◎ガラガラおもちゃはゆっくり動かして使う
 ---幼児は早い動きは認識できない。遠くからガラガラを近づけて、
 視線の焦点が合ったところでゆっくりと動かす。

◎生後1~2ヶ月のうちにストロー飲みを覚えさせる
 ---吸う力を養う。口、舌を鍛え、呼吸や発声を養う。

◎できるだけ多くの臭いを嗅がせる
 ---いい臭いもイヤな臭いも感情(脳)に作用する

◎紙(新聞紙など)をできるだけ細かく沢山破らせる
 ---手先の器用さと物質の構造を理解する能力(紙が破りやすい方向など)を養う。

◎タオルやハンカチを三つ折りにたたませる
 ---四つ折りだと角を合わせるだけ。三つ折りは目安が必要なので、物をよく見て
 計算する能力が養われる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。